FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

2009年5月の完全失業率 & 有効求人倍率

ロイター通信がまとめた民間調査機関の予測によると
、 総務省が30日午前8時30分に発表する5月の完全失業率(季節調整値)の
予測中央値は5.2%、また、厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、
前月を0.02ポイント下回る0.44倍、正社員に限ると、0.24倍で、一つの働き口を
4人以上で奪い合う状態になっているということです。

現在、在職中で転職を考えている方は、正社員に限ると、0.24倍で、一つの働き口を
4人以上で奪い合う状態なので、地域により差は、あると思いますが、
働きながら職を探すべき日本の経済状況なのだと思います。

かといっても、会社の倒産等の会社都合退職により職を失っている方も
多数いるのだと思います。

大卒の就職活動などでも言われますが、景気が悪くとも、良くとも、
離職中で仕事を探している方は、とにかく動くことなのだとおもいます。

有効求人倍率とは、ハローワークで扱った月間有効求人数を月間有効求職者数で割った数値
なので、ハローワーク以外の方法で職を探すことにより、職を見つける可能性と
いうものは増えるのだと思います。

転職サイト、人材紹介会社、人材銀行、派遣会社、契約社員、エンジニアの方であれば、
フリーランス、新聞等の折り込みチラシ、企業のホームページからの直接応募、転職フェア、駅に置いてある求人誌(フリーマガジン)など
色々求人を見つける方法は、有るのだと思います。
そのほかにも求人を見つける方法というものは多数存在しているのかもしれません。

首都圏で離職をし都内で転職活動をしていると、電車代等の費用もかかり、
むやみに、行き当たりばったりに動くことも厳しいという方もいるかと思いますが、
ハローワークへ行き、求人がなかったというだけではなく、
可能な限り、様々な媒体を利用し、職を探すことが、
就職をする近道なのかと感じました。




スポンサーサイト



転職情報 | 【2009-07-01(Wed) 00:08:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー