FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

圧迫面接の手法

新卒でも中途採用でも圧迫面接と言うものが存在すると思います。
Wikipediaによると、
圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは、面接で受験者に意地悪な質問を
してその受け答えを評価する面接技法。顧客や取引先からのクレー
ムにきちんと対処できるかどうかをみるために行われることが多い。

のだそうです。

私の場合も圧迫面接にあった経験があります。
その会社では、何を答えても
「なぜそのように思いますか?」
「なぜそうなんですか?」
「なぜ?」
「ナゼ?」

返答しても返答しても3?4回ぐらい「ナゼ?」と聞き返してくる・・・。
この方法圧迫面接のひとつの方法なのだそうです。
聞いた話によると、優等生的な発言ばかりしていると本心で考えている
事は何なのだろうと、このような質問をされる事があると言う事でし
た。

この圧迫面接、ストレスにさらされる状況になった時にどのような対処
をするか
を見るひとつの方法なのだそうです。
感情的にならずに、冷静、自然に返答する事を心がけるとよいと言う事
です。
ただ、「ナゼ?」「ナゼ?」「ナゼ?」と面接で聞かれるのも含めて圧迫面接と
感じる質問を受けたら、自分に興味持ってるんだなぐらいの気持ち
で面接を受けるといいと思います。
まったく興味を持っていないのであれば、面接をさっさと終了して
しまってもいい
わけですし、イジワルで採用担当者の人がそのような質問をするの
であれば、そんな会社こっちから御免って思えばいいと思いますし。

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング




スポンサーサイト



面接 | 【2006-04-16(Sun) 17:16:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー