FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

インターネット広告業界

以前、携帯電話向け検索型広告・文脈型広告を行っている
サーチテリアと言う会社を紹介しました。

先日、読売新聞にモバイル検索に関する記事が、
出ていました。内容は、グーグルとKDDIが業務提携し、
7月からはじめインターネット接続サービス
「EZ web」にグーグルの検索エンジンを採用し、
これまで携帯電話では検索できなかった
パソコン向けのサイトとケイタイ向けのサイトを一括して検索
出来るサービスを始めるというものです。
グーグルのモバイルプロジェクトマネジメントディレクターの
ディープ・ニッシャー氏は、会見で
「携帯電話は世界中のパソコンの倍の台数がある。
モバイルインターネットは今後、大きな成長が期待される。」
と発言し、新サービスに期待を示したと言う事です。
国内最王手のヤフーを抱える孫正義社長も決算説明会で
「携帯電話もブロードバンド化して来る。今後開発する
携帯端末は、ヤフーに一気にアクセスできるようにしたい。」
と発言したとの事。vodafone(ボーダフォン)買収したし。。。


因みに、インターネット広告市場の今現状の市場規模としては、
電通「2005年(平成17年)日本の広告費」によると,2,808億円
(そのうちモバイル広告費は288億円,検索連動型広告費は590億円)

今後は、電通総研の予測では、
2005年度のインターネット広告費2722億円、
2007年度のインターネット広告費4142億円、
2009年度のインターネット広告費5660億円と予測しているそうです。


また、インターネット広告代理店大手の売り上げは、
サイバーエージェント     267億円
オプト            150億円
セプテーニ          113億円
サイバーコミュニケーションズ 150億円
デジタル・アドバタイジング・
コンソーシアム        151億円

この業界何処まで伸びるのでしょう・・・。

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング




スポンサーサイト



転職情報 | 【2006-05-20(Sat) 20:04:26】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー