FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

“無保険”の子供3万2903人 親など国保料滞納、厚労省調査

親などが国民健康保険料を滞納したため、事実上“無保険”状態にある中学生以下の子供が全国で計3万2903人に上ることが30日、厚生労働省の調査で分かった。親が支払えるのに払わない悪質なケースも含まれるが、必要な医療を受けられない子供が出かねず、同省は市町村に通知を出し、柔軟な対応を求めた。

“無保険”の子供3万2903人 親など国保料滞納、厚労省調査より

年金が、何歳になったら、支払われるかということを、心配しますが、
健康保険組合も赤字のところが多いということです。

・全国に約1,500の健康保険組合がある。
・そのうち9割が赤字になる見通し。


健保組合がやばい-うしうしWeb

また、厚生労働省で、診断群分類包括評価(DPC)というものを導入しているそうです。
wikipedia

アメリカ?(エビデンスはないです・・。)では、同じ病気であれば、同じ診療報酬なので、
あまり、入院期間を長くせず、なるべく早く退院してもらって、病院の
病床の回転率を上げる?みたいな話をちょっときいたことがあります。点数が一緒なので、どのような治療をしても、病院の収入は同じというか・・。急性期病院?のばあいだったか・・?

下線部のところは、ちょっと、耳にしただけなので、
エビデンスはないので、嘘かも知れないです・・。。

医療関係者の方のコメントがあるとうれしいかも・・・。。。

株価が、下がったり、上がったり、していて、就職氷河期が、訪れてしまわなければ、
いいなと思うと同時に、年金、健康保険が、ちょっと心配になってしまいました。

=>退職後の年金の手続き




スポンサーサイト



退職前後の手続き | 【2008-10-30(Thu) 22:46:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

国民年金保険料の納付期限(時効)

退職をして、新しく働く職場が、退職時に決まっていない場合は、
退職日の翌日から14日以内に、市区町村の役所・役場で国民年金の加入の
手続きをする必要があります。

ただ、失業期間が長引いてしまったりすると、年金を支払うのもなかなか
経済的に厳しい状況になってしまうということもあるかもしれません。

国民年金は、25年以上納めなければ支給されません。
月単位でカウントされ、たとえ24年11ケ月納め続けても1ヶ月足りないと、
年金が支給されないということもあります。

なので、年金は、失業期間中で、経済的に厳しくてもしっかりと納めたいものです。
それでも、お金がなくて、納めることができないことがあるかもしれません。
そんなとき、国民年金には、時効期間があり、過去2年分までさかのぼって支払うことが
できます。
保険料は納付期限(翌月末まで)より2年を経過したときは、徴収する権利が時効により消滅するの
で、保険料を納める事ことができなくなります。

もし、それ以前の年金を支払うとすると、現行法では、60歳以降に国民年金に加入し、
任意納付しかないということです。

国民年金の保険料は、2005年4月から毎年280円ずつ引き上げられて、
2017年度には月額16,900円に固定されるということで、結構失業している人には、
痛い出費だと思います。

そんなとき、過去2年分までは、国民年金の保険料を支払うことができるということを
覚えておくといいと思います。
ちなみに受け取りは、5年だそうです。



退職前後の手続き | 【2008-09-22(Mon) 22:34:28】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

入社承諾書(内定承諾書)提出後の内定辞退

新卒で、内定を頂いた時に内定承諾書を提出しました。
既卒となった今、転職活動をし内定を頂いた後に、
入社承諾書を提出しなければならなくなった時、
入社承諾書を提出後に内定を断わる事ができるのか気になったので、
その事について書きたいと思います。

入社承諾書を提出後に内定を断わると、可能性としては、
損害賠償を請求される事があるそうです。
しかし、入社承諾書自体に法的な拘束力はなく、
実際に、損害賠償を請求される事はほとんどないそうです。
もし、請求されるとしても入社をする事を前提に、
研修の準備等をしていてそれらによって何らかの
損害が発生した場合に、請求されると言う事です。
法的には、法的には入社2週間前(民法第62条)なら辞退をして
置けば、
問題ないとされているそうです。
また、憲法22条で守られている「職業選択の自由」があること、
入社承諾書を出したにもかかわらず、入社を辞退した事に対して
罰則を設けることは労働基準法第16条で禁じられていることからも
法的には問題がないとされているそうです。

おそらく、入社承諾書自体、入社をするかもしれない企業への
誠意を示す意味もあるのだと思います。
ただ、いくら法的な拘束力がないからといって、安易に入社承諾書を

提出後に入社を辞退することは良い事だとは思わないので、
しっかりと辞退の旨を伝える際には誠意ある対応を取るべきであると
思います。

入社辞退をする会社により対応も違うと思うので、
大学の就職課や転職をする方は人材紹介会社等の方に
相談する等きちんと調べ、もし断わる場合は誠意を尽くして
断わるべきでしょう。

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング




退職前後の手続き | 【2006-04-16(Sun) 17:11:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー