FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

面接対策!?

消費者が、購買行動を取るまでのプロセスとして、
AIDMAモデルと言う仮説があります。

AIDMAモデル
?ATTENSION注目
?INTEREST興味
?DESIRE欲求
?MEMORY記憶
?ACTION行動


この仮説は、消費者が購買行動を取る時に、???のプロセスと
たどると言う仮説です。

ipod nano のテレビCMが、テレビで流れているとします。
そのテレビCMを見た消費者は、ipod nano に注目をします。
その後、実際に店頭で商品を見る、人から薦められる等のプロセスを
たどり、興味を持ち、ほしいと思い、記憶し購買という行動をとる
と言う仮説です(AIDAモデルと言うのもあります。)。

企業の採用の過程も人材を買うとたとえる事が出来るのでは
ないのでしょうか。

そう考えると、履歴書、職務経歴書で注目して興味を持ってもらう。
面接で、この人材をほしいと思ってもらうということになる
のだと思います。

自己PRなどを話す時、当たり障りのないことを言うのではなくて、
採用する側の立場に立ち
どのようにしたら自分をほしいと思ってもらえるか。
どうしたら、欲求を喚起する事ができるか、そういう視点で
転職活動の書類作成、面接に臨むのもひとつの方法だと思います。

もしかしたら、企業の採用過程自体、自分を売り込む、営業する、
そのような能力が求められているのかもしれません。
↓ブログランキングに参戦中!!
是非とも、支持票ワンクリック <(_ _)>オネガイシマス。
ランキング



スポンサーサイト



面接 | 【2006-06-05(Mon) 21:39:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

ニーズとウォンツを引き上げる

企業の採用をニーズ(必要性)と
ウォンツ(欲求)で考えてみた。

昔の、J-PHONEのコマーシャル(古!) (覚えている人いるかな・・・。)。

「ぼくたちは、もう そばにいる。」というキャッチコピーの
のコマーシャルがありました。

このコマーシャル、恋人同士が、写メールを送りあう
内容のコマーシャルだったと思います。
写メールを送るという映像を通して、この写メールの
機能を理解してもらい、ニーズ(物理的効用)を引き上げる。


そして、最後に「ぼくたちは、もう そばにいる。」の
キャッチコピーにより、恋人たちがいる人たちに
この写メールがあるといつでもそばにいるような気分になれると
欲望(心理的効用)を引き上げる。

このコマーシャルのシリーズ骨折したラグビー部の部員に
ムービー写メールを送るバージョンなど色々ありました。確か・・・。

同時期にドコモでは、おじいさんとお孫さんが、
川柳をメールで送りあうなんてコマーシャルもありました。

これも、メールの機能を映像により理解
してもらって(ニーズの引き上げ)
同時にお孫さんと川柳?の上の句、下の句をメールしあう事
(ウォンツの引き上げ)で、携帯電話があると
お孫さんとよりみつにコミュニケーションが取れると言う
同じような広告の手法だったんだはず・・・。
標的市場が違っただけで・・・。

企業の採用に関しても同じ事がいえるんだと思います。
採用側の企業にも必要性があって、書類選考などの書類
によって自分自身にどのような経歴でニーズに合致する事を
アピールする。
面接で、企業の採用担当者の方に、ニーズを満たす人材であって
この人材がほしい(ウォンツの引き上げ)
と思ってもらう。

ニーズとウォンツを引き上げる事ができれば、
採用される事間違いなし!

それが簡単に出来れば、私はすでに採用されているはずだ・・・。
ビビデバビデ(*゚ω゚):;*.':;ブッ!!

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング





“ニーズとウォンツを引き上げる”の続きを読む>>
面接 | 【2006-05-31(Wed) 22:31:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

企業の採用基準

企業の採用基準、人材評価尺度として、コンピテンシー(Competency)
と言うものがあるそうです。

もともとは、ハーバード大学の心理学者であるD.C.マクレランド
(David.C.McClelland)教授を中心にしたグループが、、高い成果を収
めている人には、考え方、感じ方、行動などいくつかの行動特性を発見
した事が始まりとされているそうです。

外資系金融、ソニー、リクルート等の会社が、この系統の面接を採用
しているそうです。
徹底リサーチ!コンピテンシー(参考)

新卒でも中途採用でも企業のホームページ、リクナビ等のサイトに出
ている内容にもしかしたら、募集企業において、高い成果を収めている
人の行動特性を分析し、どのような人材がほしいか書いているとい
うことがあるかもしれません。
ホームページ等に書かれている内容からどのような人材がほしいのか
自分なりに分析して、把握する事ができれば、面接で質問される内容
もわかるかもしれないですし、どのような返答を求められているかも
わかるかもしれません。

企業により、このコンピテンシーは、違うようですし、
どの会社を受けるときにも同じ内容の自己PRをするのではなくて、
企業のコンピテンシーを分析して内容を変えるといいかも知れません。

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング





面接 | 【2006-04-19(Wed) 21:07:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー