FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

Iターン・Uターン情報

Iターン、Uターンなど色々と転職・就職のスタイルがあると思います。
地方から首都圏(東京)への転職という事について少し
書いて行きたいと思います。

まず、地方と首都圏(東京)の賃金格差。
平成17年賃金構造基本統計調査結果(都道府県別速報によると、きまって支給する現金給与額(男女計)は、

  県名  現金給与額  勤続年数
  東京   39.9万円  11.5年
  大阪   35.4万円  12.2年
  青森    24.1万円  10.7年
  沖縄    24.7万円 9.5年

となっています(その他の都道府県を知りたい方は、平成17年賃金構造
基本統計調査結果(都道府県別速報)を見てみてください。)。

給与だけを見ると東京の給与水準が高いようです。

都心vs地方の最大格差は2割!地域別年収差を徹底比較(tech総研)でも、
平均年収を地域別にみると、トップは関東の523万円。
以下、関東を100とした場合のパーセンテージで順位を並べると、
東海(96%)、関西(93%)、中国・四国(84%)、北信越(80%)、
北海道・東北(79%)、九州(78%)最も高い関東と最も低い九州との
格差は113万円 。


という結果のようです。

ただ、年収満足度に関しては、
現状の年収を「仕事に見合っている」と考える人の割合は、
北海道・東北で19%、中国・四国で16%であり、関東の32%、
中部・東海の30%、関西の31%と比べると明らかに低い。ところが、
九州地区に至っては「見合っている」と答える人の割合が32%と
全国のなかでも最も高かった。また、中国・四国に至っては、
「200万円程度高い」と回答している人が43%


中国・四国に至っては、現在の年収は、
「200万円程度高い」と回答している人が43%
もいるようです。。

票数が少ないので、なんともいえないのですが、
心の豊かさは、中国・四国が一番なのかもしれないですね。

↓ブログランキングに参戦中!!
是非とも、支持票ワンクリック <(_ _)>オネガイシマス。
ランキング

スポンサーサイト





転職活動記 | 【2006-12-16(Sat) 21:17:38】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集] |ブックマークに追加する
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-01-09 火  18:02:43 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー