FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

退職理由は、給与(賃金)

第二新卒の方にしろ、そのほかの世代の方にしろ、退職理由は、
給与が満足いくものではないという方もいるのではないでしょうか?

厚生労働省が発表した2008年度国民生活基礎調査の概況によると、
2007年の1世帯当たり平均所得金額は556万2,000円ということです。

どうしても人間他の方の給与と自分の給与を比較してしまうものです。 この金額と自分自身の給与を比較して、落ち込んでしまう方も多いかと思います。

しかし、自分自身の年収が、2007年の1世帯当たり平均所得金額
に届かないといっておちこむこともありません。

実際、これはあくまで、平均値であって、対象となる人の年収を足して、
人数で割っただけの数値です。
統計学では、平均値と中央値(メディアン・メジアン)というものがあります。
平均値だけで考えると、
2人が対象の調査の場合、 年収1億円 1名 + 年収 0 円 1 名 ÷ 2 = 5千万円
となります。
平均値とは、そのように出された数値なので、多くの方が、556万2,000円
よりも年収が低いということも十分あり得ます。
中央値とは、この2007年の1世帯当たり平均所得金額を例にすると、
調査対象の方の年収を順番にならべ、
丁度真ん中の方の所得のことです。
実際、
所得の分布状況では、「300?400万円未満」が13.0%。
「200?300万円未満」(12.8%)、
「100?200万円未満」(12.6%)、「400?500万円未満」(11.1%)
中央値は448万円で、所得金額が世帯全体の平均額(556万2,000円) より低い
世帯の割合が60.9%ということです。

第二新卒の方は、まだ若いですし、一世帯当たりの所得ということで、
中央値に届いていない方が多くいても当然と言えるのだと思います。
格差が広がってきたといえるとは思いますが、他人と比べた時に、
2007年の1世帯当たり平均所得金額だけをみて、自分の所得が低いと落ち込んで
転職を考える必要はなのだと思います。

スポンサーサイト





転職情報 | 【2009-05-28(Thu) 22:48:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー