FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

退社後、同業他社への転職の可否

退社した際に、退職後2年間は、同業他社(競合他社)に転職しない事、
と言う誓約書に判を押しました。
正直、押すのはいやだったのですが、この誓約書に
法的な根拠があるのかどうかと思ったので、少し調べてみました。
就業規則等で、禁止している会社もあるそうです。

調べてみたところ、
要は、程度の問題と言う事でした。
どういうことかというと、
職業選択の自由が、だれでも認められているので、
基本的に、だれでも、どのような職に就くことができるが、
退職し、競合他社へ転職する事によって、
その会社の機密事項が、もれては困ると言う事で、
そのような誓約書や就業規則があるそうです。
「競合避止義務」というそうです。
ただ、誓約書に判を押した以上、契約としては、認められると言う
事です。
誓約書自体は、判を押さなくてもいいそうです(法律的には。そんな所で
もめても仕方ないのですが・・・。)

ある程度の地位や機密事項を扱う仕事をしていた人が、対象になるだろ
うと言う事でした。

私のように、たいした地位もなく、機密事項も持っていない立場であれ
ば、おそらく、退社した会社もそんな事で、訴えても弁護士費用等の
ほうが、損害賠償金よりかかるだけなので
大丈夫だと思うのですが、地位の高い方・機密事項を扱う仕事をしてい
た方は、気をつけたほうがいいのかもしれません。

↓ワンクリック! ブログランキングに参戦中!!
ランキング

スポンサーサイト





退職前後の手続き | 【2006-04-16(Sun) 17:10:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー