FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

ドロップシッピング:club T

転職を考えるときにWEBの業界に
転職をしたいと考える人がいるかもしれません。

以前、株式会社イメージ・マジックというドロップシッピング
をやっている会社を紹介しましたが、
株式会社もしもなどいろいろと、
ドロップシッピングをやっている会社があります。

株式会社 ClubTという会社の紹介です。

この会社もオンデマンドでオリジナルTシャツなどを販売しています。

2008.07.10
経済産業省よりエンジェル税制の適用承認を受けたということです。

以前、福田康夫元首相の
「あなたとは違うんです」というTシャツが、
サンデージャポンとアッコにおまかせで紹介されていました。

アメリカでは、cafe pressというオンデマンドのTシャツを販売するサービスがあるそうです。

このブログもfc2で、登記上の本社所在地はアメリカ合衆国ラスベガス
ということですが、こういう会社も将来性があって、
面白いのかもしれません。




転職活動記 | 【2009-01-27(Tue) 22:03:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

雇用保険の給付の条件(基本手当・就職促進給付・教育訓練給付・雇用継続給付)

一般的に、雇用保険の給付を受けるためには、
現在であると1年以上の被保険者期間があり、失業期間中に
転職活動をしている際にもらえる物というように思っているかもしれません。

しかし、雇用保険にも、それぞれの受給資格や、金額があります。

?基本手当
離職の日以前2年間に、勤務日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算して
12か月以上あること。

?就職促進給付
基本手当が、もらえる期間内に再就職が、決まった場合でも、
基本手当の支給残日数(就職日の前日までの失業の認定を受けた後の残りの日数)
が所定給付日数 の3分の1以上、かつ45日以上ある場合、支給されることがあります。

?教育訓練給付
受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間(支給要件期間)が3年以上
(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あることなど一定の要件を満たす
雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の
指定する教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に
相当する額 (上限あり)が支給

?高年齢雇用継続給付
雇用保険の被保険者であった期間が5年以上あり60歳以上65歳未満の一般被保険者が、原則とし
て60歳以降の賃金が60歳時点に比べて、75%未満に低下した状態で働き続ける場合に支給
されます。
?育児休業給付
育児休業給付は、一般被保険者が1歳(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6か月)
未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に、休業開始前の 2年間に勤務日数が11日以上
ある月が12か月以上あれば、受給資格の確認ができる。

?介護休業給付
家族を介護するために介護休業した場合に、通算93日を限度といて、賃金の約40%の
給付を受けることができます。

というように雇用保険といってもいろいろとあります。
もし、介護・育児で休暇を取得した場合は、調べてみるといいともいます。
参考・詳細(ハローワークインターネットサービス 雇用保険手続のご案内)



転職活動記 | 【2008-11-19(Wed) 22:29:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

キャリアコンサルタントで選ぶ

キャリアアドバイザーの方にも、業界の得て不得手というものがある
のだと思います。

キャリアアドバイザーの方が前職で経理をやっていれば、
求職者の方が、経理の職種で仕事を探していた時に、
求職者のスキルを把握しやすいでしょうし、
システム関係の仕事をキャリアアドバイザーの方が、
前職で経験していたら、システム関連のエンジニア
の方が転職の相談に行ったときに、求職者の方のスキルを
考えて、スキルにあった求人を紹介してくれるのだと思います。

キャリアアドバイザーの方を CareerPlusというサイトで検索することが
できます。
キャリアアドバイザーの方の大まかな職歴なども見れたりします。
人材紹介会社を利用する場合、キャリアアドバイザーの方により
多少、転職活動の結果(給与等)影響があるのかもしれません。

と、キャリアアドバイザーの方を検索していて、ふと思いました。。。

人材紹介会社で、求職者の方が、キャリアアドバイザーのかたを指名できる
ようになればいいなぁ、と思いました。




転職活動記 | 【2008-05-16(Fri) 13:15:20】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー