FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

第二新卒と第三新卒

第二新卒とは、新卒採用と中途採用の間を意味しています。
厚生労働省の調査によると、大卒者が3年以内に離職する割合は36.5%
(出典:厚生労働省「新規学校卒業就職者の就職離職状況調査」)

 新卒の採用は基本的に未経験の学生が対象、中途の採用は経験がある
社会人が対象となりますが、第二新卒の採用では、社会人としての経
験・スキルはさほど必要とされず、学生ではなく社会人が対象とな
ります
->第二新卒詳細
が、その他に第三新卒というものもあるそうです。
第三新卒とは、
大学院博士後期課程修了者、大学院博士後期課程在籍者などの25歳以上の就労経験がない(もしくは3年未満)の就職希望者のことを指し、
広義では、
25歳以上で就労経験がない(就労経験3年未満)、
もしくは25歳以上で就労経験があっても企業から
フリーターなど就労経験がないとみなされてしまう人材のことを指すそうです。

既卒という用語と第三新卒という用語は、近いのだと思います。
第三新卒・既卒・第二新卒で就職活動をしている方には、
用語を知っているだけでも、それぞれの方を対象にした就職サイトを検索するにも
使えますし、知っていて損はない用語だと思いました
また、第三新卒・既卒・第二新卒を対象とした、
第二新卒・既卒・25才までの就職活動応援サイト - Re就活
という就職サイトがります。



第二新卒 | 【2009-07-26(Sun) 11:47:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

第二新卒の求人

世の中不況で、やはり求人の数は減っているのかというのを
ちょっと調べてみようと、

2006年4月の記事を読み返してみました。

リクナビネクスト
求人数:3000 ? 4000件 (3369件 - 2006年4月26日現在)
毎日キャリアナビ
求人数:2000 ? 3000件 (2450件 - 2006年4月26日現在)

とのこと。

現在の求人数を調べてみようとページを開いてみると。
うーん。

そもそも2006年の時は、どうやって求人数を調べたんだろう☆ヽ(o_ _)oポテッ 。

ということで、ブログの記事のタイトルを変え、第二新卒の求人でどのような
求人があるのか調べてみました。

en japan 第二新卒歓迎の仕事特集【2009/6/25まで】 株式会社ファンデリー
株式会社ベルーナ
株式会社エス・エム・エス
等、全409求人。

リクナビネクスト第二新卒求人
株式会社損害保険ジャパン
株式会社ブロッコリー
など、322求人。

若いということで、未経験者歓迎の職種など選択肢は多いとは思うのですが、
一部重なっている求人もありのですが、これだけ見ると、最低限の求人数は、あるとも思いましたが、
第二新卒で転職をしようとしている方は、万単位の人数がいるのかな?(エビデンスなし・・・。)
と考えると、狭き門なのかなぁと思いました。



第二新卒 | 【2009-06-20(Sat) 22:58:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

第二新卒の求人状況(求職状況)

依然と比較して、 第二新卒の求人の状況もすこし変わってきたようです。

以前までは、新卒の学生を思い通りに確保できなかった企業が、
第二新卒を中心とする、25歳以下の若手を多く
採用していたそうです。

しかも、
第2新卒市場を牽引していた「不動産」「金融」の人材需要が悪化してきていると
いうことです。

転職支援企業リクルートエージェントの清野慎太郎キャリアアドバイザー は、
 「昨年までは、1人の求職者を3?4社が奪い合う様子だったが、今では1社に対して数人が競う逆転の構図となった」
と語っているということです。

若手も恐々の新リストラ時代より

このブログ自体は、第二新卒の方の転職を題材にしているわけですが、
第二新卒で転職を考えている方にマイナスの情報も
載せていければと思っています。
今現在の経済状況を考えると、転職は、今まで以上に慎重にする必要があるのかもしれません。




第二新卒 | 【2008-11-26(Wed) 14:27:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー