FC2ブログ

おすすめ正社員の転職支援


人材サービス業では唯一の東証一部上場企業 『パソナの無料正社員転職サポート』
パソナの取引企業は1万2000社。
専任アドバイザーによる模擬面接等転職を有利に するサービス満載。 第二新卒・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の医療業界 の転職支援も積極的。
オリコンキャリア 総合顧客満足度の高い人材派遣サービス会社 ベスト20 第1位
パソナキャリア


転職・転職情報はDODA(デューダ)。
豊富な転職・求人情報で希望の求人が見つかります。
転職支援サービスへのお申し込みで
非公開求人の紹介や転職の相談ができる転職サイト。
公開求人数 4,000件以上/非公開求人数 31,000件以上。
DODA

○管理人のお勧め○
はじめての転職をお考えならアデコ
「転職を考えているが、なにからはじめたらいいのかわからない」「20代のうちに新しいことに挑戦したい」という20代の方や第二新卒の方の転職をサポート

久方ぶりのブログ更新ー管理人は、もう第二新卒ではないw。

どうもお久しぶりです。

ayu0215です。

っていっても誰もブログ開設当初からこのブログを訪問して頂いている方は、
少ないとは思いますが。。。

しばらくブログ放置していたのですが、ちょっとブログまた、初めて見ようかと
思いました。

なぜかというと。。。

夫の収入が心もとないからw




そうです。ブログ開設当初は、結婚していなかったのですが、
結婚しました。ええ、こんな私でも結婚できましたw。
子供も2人生まれましたw。

てま事情で、ブログも復活新たな転職活動日記でも
書こうかと思いました。

まぁ、新しいブログ開設してもいいのですが、
ブログの内容まとめるのまたこれ、めんどくさいと思いまして・・・。
このブログに書こうかと。
しかし、働くといっても障害が多すぎるますね。。。
夫の両親と同居しているからいいものの、同居していなかったら、
働くなんて夢のまた夢。

自分は、たまたま、ついてるなっていまは、思っています。

てなことで、徐々に転職活動の記録でも書いていくと思います。

相変わらず、話をまとめるのが、苦手らしい。。



30代の転職活動 | 【2013-05-15(Wed) 13:44:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

転職関連の一括相互リンク募集。

久しぶりのBlog更新。

当サイトでは、相互リンクを募集しています。
相互リンクを募集しているサイトは、

ブログ名
第二新卒の転職
URL
http://ayu0215.blog63.fc2.com/
リンク先
http://ayu0215.blog63.fc2.com/blog-category-9.html
説明文
第二新卒(第2新卒)として退職し、未経験職種への転職に成功しました。職務経歴書の書き方、転職フェア(適職フェア)情報,転職サイト・人材紹介会社の比較、人気投票をやっています。

サイト名
転職フェアで転職
URL
http://www.tenshoku-fair.com/
リンク先
http://www.tenshoku-fair.com/link.html
説明文
全国各地で開催されている転職フェアの日程等の情報、転職フェアでの特典など転職フェアに関することを載せています。

サイト名
転職フェア.biz
URL
http://karai.biz/
リンク先
http://karai.biz/links/
説明文
転職フェア.biz では、転職に役立つ転職フェア・適職フェアの日程の情報や人材派遣会社・人材紹介会社の情報などを提供しています。

の3つのサイトです。
相互リンクしていただけるサイト運営者の方は、
mailあっとtenshoku-fair.com
まで、連絡ください。

転職をテーマにしたサイトなので、転職や就職をテーマにしているサイトの方には、多少なりとも、
相互リンク(SEO)の意味があると思います。
もしよろしければ、よろしくお願い致します。



相互リンク | 【2013-05-15(Wed) 13:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

第二新卒とは?

第二新卒とは、新卒採用と中途採用の間を意味しています。
厚生労働省の調査によると、大卒者が3年以内に離職する割合は36.5%
(出典:厚生労働省「新規学校卒業就職者の就職離職状況調査」)

 新卒の採用は基本的に未経験の学生が対象、中途の採用は経験がある
社会人が対象となりますが、第二新卒の採用では、社会人としての経
験・スキルはさほど必要とされず、学生ではなく社会人が対象とな
ります。

 第二新卒の採用対象は入社1年目2、3年目の若手社員がメインとなりま
す。学校を卒業して現在仕事をしていない人(既卒)でもエントリーすること
も可能です。また、基本的に前職での経験は考慮されないと考えた
ほうがいいそうです。

企業が第二新卒を採用する理由は、新卒採用の競争の激化が
あるという事です。景気が上向きになってきたいま、多くの企業は
新卒採用に積極的になりました。しかし、思うように新卒を採用
できない企業が、新卒の代わりに第二新卒を採用しているという事です。

 もう一つの理由は、若手の早期退職者への対応です。現在は大卒者
が3年以内に離職する割合は36.5%です。企業はせっかく採用した新卒
でも数年で辞められてしまい、若手社員が不足している状況です。
そのため、こうした欠員となった若手社員を補充、
確保するため、第二新卒を積極的に採用する企業があります。

また、企業が第二新卒者に求めているのはスキル・経験ではなく、
あなたのポテンシャルということです。
最低限のビジネスマナーさえ
わきまえていれば、後からいくらでも身につけることができる
という事のようです。

転職を目指す側からすると、大学時代に就職活動をしたが、
他の業種などに転職をしたい際などに利用できるのではないかと思
います。

現在は、比較的就職に関して、いい状況になってきたようですが、
就職氷河期に就職活動をした人などリベンジ転職を考えている人は、
ひとつの方法では、あると思います。
しかし、転職を安易にしてしまうと後悔する事もあります。
そのような事がないよう、転職をする前に自分自身が何を
したいのかについてしっかりと考えて置く必要があると思います。
また、リクナビNEXT 第二新卒(サービス停止)の
ような第二新卒に特化した転職サイトもありました。

ちなみに、第二新卒とは、転職情報誌「Bーing」が
1991年11月発売の誌面で使った造語が始まりという
ことです。



第二新卒 | 【2012-04-16(Mon) 23:15:33】 | Trackback:(2) | Comments:(0) | [編集] |ブックマークに追加する

Copyright © 第二新卒の転職 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
転職フェア プライバシーポリシー